講師紹介 山下なぎさ

神奈川県相模原市出身。東京音楽大学ピアノ科において、ピアノ指導法、吹奏楽指導法、指揮法を学ぶ。またファゴットの伴奏ピアニストを務めさせていただく機会に恵まれる。

 

大学時代は、毎週のレッスンに持っていく大量の課題をひたすらこなす日々。様々な楽曲に出会い、自己研鑽を積むことが出来ました。素晴らしい先生方や仲間達に出会い、夢を追いながらも、音楽家への道の厳しさと、自身の限界を目の当たりにしたのもこの時です。

やがて、母校(高等学校)での教育実習を通して、教員への道を志すようになりました。採用ゼロが続く厳しい時代でしたが、大学の教職課程の先生方の熱いご指導の下、勉強を積み重ねて神奈川県教員採用試験に合格することができました。

 

大学卒業後、1996年寒川町の公立中学校に赴任。何もかもが初めての教育現場にとまどいながらも、諸先輩方や生徒たち、そして保護者の方々に助けていただきながら、がむしゃらに教育活動にあたりました。2001年には生まれ育った相模原市に転任。2つの中学校に勤務し、様々な才能を持った生徒たちに出会い、かけがえの無い体験をさせていただきました。

 

公立中学校音楽教諭として勤めた18年間。

その間、授業や学級経営の他、合唱や吹奏楽部の指導にあたり、とくに吹奏楽部では、向上心の高い生徒たちや協力的な保護者の方々の応援のもと、コンクールやアンサンブルコンテストで県大会に出場させていただきました。また、地域のお祭りへの参加や訪問コンサートなどを行い、多くのステージを体験することができました。

数えきれない程の出会いと別れを通し、教員としてのみならず、一人の人間としても大きな成長を感じた時間でした。

 

たくさんの貴重な出会いや経験の中に身を置きながらも、次第に一人ひとりのニーズに合ったアプローチをしたいと思うように。そして自身の結婚、出産に伴いあらゆる物事の価値観の変化があり、子育てと仕事との両立に悩むようになりました。考え尽くした末、自身の子供の小学校入学を期に2014年に退職を決意しました。

 

退職後、かねてより温めていたピアノを通して音楽の楽しさを広めていきたいと、ピアノ教育について自己研修を積み重ね、後にピアノ教室を主宰。

 

1996年中学校・高等学校教諭一種免許状(音楽)取得。2017年教員免許更新。

2014年、2015年ヤマハ指導グレード5級・4級取得。ヤマハピアノ演奏グレード5級・4級取得。

2人の男の子の母。

 

~講師からのメッセージ~

日々、ピアノ教育の最新情報にアンテナを張り、レッスンに還元するよう心掛けています。また、学校現場や自身の子育ての経験において、こどもの持つ良さを見つけ、声掛けをすることの大切さを痛感し、レッスンにも生かしています。