レッスンの進め方


   お子様には、テクニック教本(「みんなのおけいこ」、「バイエル」、「バーナム」、「ハノン」、「チェルニー」など)や、曲集(「わたしはピアニスト」、「ブルグミュラー」、「ソナチネ」など)、バロック教本(「プレインヴェンション、「インヴェンション」など)、ソルフェージュ教本(絶対音感が身につく「子供のためのソルフェージュ」)を中心に使用します。

 お子様の成長過程に応じて、定期的にカウンセリングをしながら適宜教材を選択していきますので、上記以外の教材を扱う場合もございます。
   

 大人(シニア)の方には、基礎から学べる教本(「大人のための独習バイエル」、「バーナム」、「ハノン」)や、「中高年から始めるらくらくピアノ~コードネーム譜編~、~大譜表編~」、またレベルに応じて曲集(「もっとやさしいオトナピアノ~ピアノで弾きたいクラシック~、~ベストセレクション、映画・邦楽・洋楽編~」、「わたしはピアニスト」)などがございます。